50代から一眼レフカメラを始めてみた。操作も簡単で初心者でもかなり楽しい。

趣味と呼べるものはほぼ存在しなかった私だが、満を持してついに一眼レフカメラを購入した。

カメラはキャノンEOS Kiss X4の本体、そして50mmの単焦点レンズを合わせてアマゾンで購入した。

購入したカメラ

レンズは新品だがカメラ本体は中古なので全部で2万円代で何とかなった。

けっこう前に発売したカメラだが私には十分の機能であり写真映りも満足である。

単焦点レンズを選んだ理由は、いろいろネットで調べた結果、初心者が始めるには単焦点レンズがいい、という情報が多かったためだ。そしてなにより撮影した時のボケ感がかっこよく、楽しそうだ。

さらにレンズの値段が安かった事もある。(私が購入したレンズが税込みでも1万以下だった)

SDカードは前から持っていた8Mバイトを使う。

メンテナンス用にダイソーでレンズの埃取りを風で飛ばすブロワーを購入。

 さすがダイソーなんでもうっているな!

ダイソーでVRゴーグルを買う。初めてのバーチャルリアリティ体験におすすめ。

2020.10.10

ストラップはとりあえず、昔買ったカメラの付属だった物を使用。

違うメーカー名だが気にしない。

公園で試し撮り

とりあえず準備が整ったので、近くの公園へ試し取りを兼ねて出かける事にした。

公園に到着。早速適当に撮ってみることにした。

事前にユーチューブで撮り方を少し勉強してはいたが、設定の仕方などが曖昧なままなので、上手くとれない。

それでもボケ感などがはっきり分かる。

持っているスマホで撮るのとはちょっと違い、写真撮ってる感がある。

単焦点レンズは、被写体に近寄ったり離れたりして距離を自分の足で調整しなければならない。

まあ、しかしいい運動になるなあ!

いろいろ公園内を歩き回り撮りまくった。

楽しい!

 

休むことなく1時間ほど撮って公園を後にした。

座ったり、立ったりして、うしろを確認しながら後ずさりするのは、思ったよりハード。

しかし自分で前に行ったり下がったりして撮るので被写体の距離感が分かり上達する気がする。

帰宅後、パソコンに繋いでスライドビューにして出来を見てみた。

イメージ画像

初めて撮ったにしてはなかなかじゃない!

見ようによってはプロっぽく見えなくもない。(自画自賛)

全く上手くはないがボケ感が面白い。

次は前ボケや玉ボケなどにも挑戦したい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です