辺り一面に咲き誇る巾着田の曼珠沙華。 この美しさは圧巻!

まるで赤い絨毯を敷き詰めたような壮大な光景が広がる曼珠沙華。噂には聞いていましたが、まさかこれ程とは!!

巾着田とは

うーま
清流高麗川(こまがわ)が蛇行した形が(きんちゃく)に似ていたから、巾着田と呼ばれるようになったんだって。
しまうーま
たしかに!きんちゃくに見える。

埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくだ)は500万本の曼珠沙華群生地。これは日本最大級の規模。

曼珠沙華の見頃は9月中旬から10月上旬頃

 

開花状況により開催時期は変更する場合があるようです。詳しくはこちらで確認。

入場料

大人300円中学生以下は無料です。巾着田曼珠沙華公園は開催時期のみ有料。

アクセス

西武池袋線高麗駅下車,徒歩約15分

関越自動車道(鶴ヶ島)I.Cから14Km・圏央道(圏央鶴ヶ島)I.Cから11Km・圏央道(狭山日高)I.Cから8Km

駐車場 二輪車・100円 普通車・500円 大型・中型バス・3000円
スカイチケットレンタカー

車で行きました。

途中で昼食を済まして巾着田に向かいました。近くまで来たときはすでに2時すぎ、日曜日でしたので、ある程度覚悟はしていましたが、やはり渋滞、しかも予想以上。

巾着田は以前にバーベキューで来た事があって大きめの駐車場があるのは知っていました。

まーどこか、空いているだろう!と楽観的に考えていて、とくに事前調べもせずに向かってしまいました。

しかしこの渋滞ぶりを目の当たりにすると少しあせります。

時間はかかりましたが、巾着田入口まで来ました。なんとか無事、駐車する事もでき、ホッとしました。

うーま
次は電車で来た方がいいかな。
しまうーま
でも駅から来る人もすごい多かったなー。
うーま
やっぱり電車も混雑してるね。

巾着田から一番近いコンビニに寄りましたがトイレもすごい行列ができてました。コンビ二を後にして公園の方へ向かいます。とりあえず大勢の人が歩いている方へついて行きます(笑)

途中風情のある風車がありました。

うーん!インスタ映えする建物です。

(インスタに載せました。)

曼珠沙華公園

入場料を支払い入場します。

無数の曼珠沙華が目の前に広がっています。とりあえず人の流れに沿って歩きます。

綺麗な曼珠沙華が連なっています。

まさに圧巻の景色。

観光客のほぼ全員が写真撮っているんじゃないか!と思うぐらい皆さん撮られてました。

最高のインスタ映えスポットです。

(なのでここの写真もインスタに乗せることに。)

すぐ脇に清流高麗川があり川辺に少し寄ってみます。ここで以前バーベキューを行いました。

初心者でもバーベキューは楽しい。

2018.06.03

再び曼珠沙華の方に戻り写真をとりつつ、まつり会場のほうへ向かいます。

巾着田曼珠沙華まつり

多くの屋台が軒を連ねています。日高市内の特産品の販売も行われていました。

多くの人で賑わっています。屋台にも行列ができています。

この日は気温も少し高かったのでアイスクリームを食べることに。

旨かった。

時刻も4時を過ぎた頃、そろそろ公園を後にする事にします。

下流エリアに架かる(あいあい橋)を渡りつつ帰ることに。あいあい橋は高麗川に架かる歩行者専用の橋。

日本最大級の木造トラス橋で、見た目のかっこよさに加え迫力があります。

橋から下を見下ろすと足が震えました。

まとめ

500万本の曼珠沙華が群生する地は日本最大級の規模‼

その様はまるで赤い絨毯を敷き詰めたような壮大な光景。

インスタ映えすること間違い無しです。

巾着田曼珠沙華祭りでは日高市内の特産品の販売や屋台が多数出店していました。

駅からも徒歩圏内で便利。高速道路が近くなので都内からのアクセスも良い。

おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です