ヨーグルトメーカーで量を約10倍に!簡単でしかもお得。

腸内環境の改善など、良い効果が期待できて、なおかつ美味しいヨーグルトは欠かせない一品です。

我が家ではヨーグルトメーカーを使って量産しています。普通に買うより、

とてもお得ですよ!

腸内環境を整える善玉菌

善玉菌

ヨーグルトに入っている善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌等)が腸内環境を整える効果があります。

腸内バランス
腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しています。体に害を与える悪玉菌が優勢になると便秘など、おなかの調子が悪くなる原因に!だから善玉菌を補給して悪玉菌より優勢にたちましょう。

ヨーグルトには、いろんな種類がありますが私が一番好きなのは明治R-1。

R1は乳酸菌1073R-1が入っていて、この乳酸菌が作り出すEPS(多糖体)は免疫機能を活性化させてくれます。

風邪やインフルエンザ対策の一環としても免疫機能は高めたい!

ただ毎日食べるとなると、ちょっとお値段が高い。
そこで、ヨーグルトメーカーを使用して量を約10倍にしています。

これなら、かなり経済的です。

ヨーグルトメーカーを使った場合、比較。

■普通に買った場合
ヨーグルト135 円。一週間分買うと3人分で2835円です。
■ヨーグルトメーカーを使用した場合
一週間で3回作ったとして
ヨーグルト135×3で405円。牛乳約200円×3で600円。合わせて、1005円。

ヨーグルトメーカーを使った場合コストが約1/3になります。

これは、かなりお得ではないでしょうか。

うちで使っているのが、こちらのアイリスオーヤマヨーグルトメーカープレミアム。

 

う-ま
牛乳パックのまま作れるよ!
しまう-ま
容器を洗う手間がないのー⁉

使い方も簡単!

使用するのは次の3つ。

1 市販のヨーグルト
2 市販の牛乳
3 ヨーグルトメーカー

作り方

1 牛乳にヨーグルトを入れる
2 スプーン等でかき混ぜる。
3 ヨーグルトメーカーに入れる。
4 スイッチをオンにする。

夜作れば朝にはできてます。

時間は9時間ぐらいです。使い方も作り方も、とにかく簡単です。

〇温度25℃~65℃の間で設定可能
〇時間1時間~48時間の間で設定可能

具体的な作り方。

牛乳パックを冷蔵庫からだして常温にします。ふたを開けずに1時間ぐらい置きます。

牛乳パック(1リットルの場合)から10分の一ほどをを別のコップに移します。ヨーグルトを入れるスペースを作ります。

ヨーグルトを牛乳パックへ入れます。

付属の計量スプーンで、まんべんなく混ぜ合わせます。

牛乳パックにふたをしてヨーグルトメーカーに入れ、本体ふたをします。

温度と時間を設定。

(初期設定は温度40℃、8時間になってます。)

しまう-ま
ヨーグルトの種類によって最適な温度等は異なるみたい!

スイッチを押して操作は完了。
後は朝まで何もしません。

完成したら冷蔵庫で冷やします。朝、冷蔵庫にいれて夕方には、ちょうど良いぐらいです。

出来上がりは、こんな感じ。

ヨーグルト以外にも納豆や塩麹などが作れます。
レシピ本が最初から同封されているのも嬉しいです。

まとめ

ヨーグルトメーカーでヨーグルトを量産すれば経済的!

作り方も簡単。

牛乳パックにヨーグルトを投入、スイッチを押すだけ!

8~9時間後には完成。あとは冷蔵庫にいれるだけです。

ヨーグルトメーカーブレミアムは細かい温度、時間設定ができるから普通のヨーグルト以外にもギリシャヨーグルト、納豆や塩麹なども作れる。

おすすめです。

付属でレシピ本、専用容器、計量スプーン、牛乳パックふたが付いています。

付属の計量スプーンは柄の長さが少し短いので、もう少し長いスプーンを使用するつもりです。

こんな感じのロングスプーンの方が使いやすいと思います。

ヨーグルトメーカープレミアム。最初の使い始めはちょっと面倒かな、と思いましたが、一度使ってみて思いのほか簡単なので続けてます。
自分で作ったヨーグルトの出来上がりを見る時は、けっこう嬉しいです。

過去2回失敗しちゃいました!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です