自宅で簡単リラックス。ルルド マッサージクッションを使ってみた。

便利で使い勝手の良いルルド マッサージクッション、初めて知ったのは母の日のブレゼントを探していた時です。

ネットの口コミでの評判がよかったのて気になっていた。

買った理由

以前から旅館や電気店に行くとマッサージチェアを試していましたが箇所によっては少し痛く感じる所もあり微妙にちょっと合わないかなと思っていた。

その上値段も高額だし、そもそも家に置く場所が無い。

ある日、ホームセンターでルルド マッサージクッションのお試しコーナーが設置されているのを見つけ、試してみた。

マッサージチェアに比べれば簡易な感じだったが、これがなかなか気持ちよく、しかも値段が安い。

普通のクッションと変わらない価格である。マッサージができるうえクッションとしても使える。

これはひょっとして

めっちゃ、お買い得というやつか⁉

と、考えつつ帰宅した。

結局次の日に購入。

サイズ感

見た目のサイズは小さめだ。幅36㎝✕奥36㎝高14.5㎝の大きさ。
中に機械が入っているせいか厚みがありクッションも硬めだ。

マッサージ機の部分はもみ玉が4個内蔵されていてスイッチを入れると回転する仕組み。

使い方は簡単。

使い方は非常に簡単でクッション部分角にある電源スイッチマークを押すだけ。

具体的には

1回押すとマッサージが始まる。
2回押すとマッサージ+ヒーター有り。
3回押すとストップする。

最初からヒーター有りにする場合は2回連続でスイッチを押す。

15分すると自動でストップするので途中で席を離れても安心だ。

ヒーター使用時は大きい方のもみ玉が赤く光る。視覚的にも今どちらを使っているか確認できる。

日頃こんなふうに使っています。

テレビを見ながら、座椅子に座り使う事が多い。
最初はソファでも使用していたが最近は座椅子が定番になってきた。

順番的にはまず腰の部分。座椅子と腰の間に置いて使う。
次に少し位置を上にずらし背中に当てる。

次は首の部分。ただ、若干ずり落ちてくるので少し座椅子をリクライニングする。

角度的には130度ぐらいだろうか、ここらへんが一番ゆったりできる。

私には首の後ろ部分のマッサージが一番のお気に入りだ。

寝て使うパターンも試してみたが私は椅子に座った状態のほうがしっくりきた。

もみ玉が回転する時、ウイン、ウインと少し音がする。

首の後ろ部分をマッサージしている時じゃまになるかな、と思ったがテレビの音を遮るほどでもなく、さほど気にならなかった。

基本的に腰、肩、首と上に位置をずらして15分ぐらい使う。

至福のリラックスタイム。

それ以外は足のももとふくらはぎにしたから当てる。さらに足裏部分。

マッサージクッションを床に置きその上に足裏を乗せる。足裏マッサージはほんと気持ちいい。

物自体は小さい。しかし、それゆえに自分の好きな箇所にダイレクトにマッサージ機を当てて位置を調整できる。ちょうどいい所にヒットできるのが良い。

デメリット

 

コードの長さは1メートル80センチである。極端に短いというわけでもないが我が家で使っている場所では電源が近くにないので延長コードを使っている。

もう少し長かったら届いた。

あとはクッションとしては若干重さを感じる。もみ玉など機械が入っているので仕方ないとは思うが、しょっちゅう移動させていると気になるかもしれない。

さらにもう一つ付け加えるなら、私にとってはメリットだが逆に考えると、小さいがゆえ箇所ごとにクッションを動かして位置を調整しなければいけないのが、かえって手間と感じる方もいるかもしれない。

まとめ

ルルド マッサージクッションはマッサージとクッションの二つの使い方ができ、しかも、超お手頃。

手軽に自宅でマッサージができる。操作もいたって簡単。首、肩、腰など好きな箇所をダイレクトにマッサージできる。
 

 

私が普段使いの座椅子はこちらです。腰の部分のクッションが動かせるようになっている。背もたれ部分も高く使いやすい。

カバーの色も豊富で部屋の雰囲気に合わせて選ぶ事ができる
本体カバーは取り外して洗濯もできるので衛生的だ。

私は家のソファが同系の茶色だったので同じ系統のこの色を選んだ。
クッションとしても違和感の無い色味で満足している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です