スマホへ文字入力が簡単、持ち運びが便利なワイヤレスキーボード。

スマホ片手に手ぶらで外出、ちょっとの隙間時間を有効活用できる。長文が快適に打てるワイヤレスキーボードは手放せません。

2019,7,16追記

昼休み、近くの公園などで、ワイヤレスキーボードを使ってブログを書く事が多いです。

一年以上使用してますが、まったく問題なく作動しています。

ブログの記事は基本的にまずスマホのメモ帳に下書きしているので、このワイヤレスキーボードは、もはや必須となっています。

さらに充電は、まだ数えるくらいしか、していないです。

本当によくもちます。

外で長文入力

モバイルのノートパソコンを持っていないので記事入力はスマホを使いたかったんです。しかしスマホのフリッカー入力はすごく苦手です。

メモ程度ならいいんですが、長文だとかなりきつい。打ち間違いが多いうえに指が痛くなってくる。少し練習しましたが全然上達しませんでした。

ある時カフェでワイヤレスキーボードを使って軽快に文字入力をしている人を見て欲しくなりました。
いろいろ調べていたら、ますます欲しくなりアマゾンで手に入れました。

そして性能ですが・・

軽い、小さい。折りたためる。

今使っているのがこちらの 折りたたみ式ワイヤレスキーボード iCleverです。(この記事もこのキーボードを使って書きました。)

まずはなんといっても折りたたんだときのサイズ。縦9センチ横14.5センチ、ポケットにすっぽり入ります。
広げたサイズは25センチです。

広げた時はちょっと小さいかな、と思ったのですが実際打ってみると使用感はなかなか良いです。キー入力時の感触も悪くないです。

最初にBluetoothのペアリングを行なった後はキーボードを開けばすぐ電源がはいり文字入力ができます。

ウインドウズ、アンドロイド、アイフォン等対応で、フル充電だと約80時間使用可能。かなり余裕です。

US配列キー、端末によっては記号と印字が異なる場合があるようです。
winキーを押すとグーグルアシスタントが立ち上がるのが面白かった。

使ってみてやっぱり便利

仕事の昼休みに使用

昼休みは手ぶらでランチに行きます。キーボードはポケットにいれてスマホは片手に。携帯性抜群です。もしこれがノートパソコンだとしたら、入れ物が必要になるかな。カバン持ってランチというのもちょっと微妙です。

実際昼食時に使ってみました。まずは店内で使用するスペースですがカフェ等だとテーブルはわりと小さめ。料理を置くと空きスペースは隙間程度。しかしスマホとキーボードだけなので場所はあまり取らない。
入力時に誤って肘が料理に触れ、床に落とすこともなかった。

このキーボードは観音開きをあけた瞬間に電源が入るので即座に入力を行えるのは嬉しい。

休日のちょっとした外出時に使用。

休日の天気のいい日にぶらりと散歩によくでかけます。
その時はカバンは持たずに手ぶらでぷらぷらするのですが、公園に少し立ち寄ってちょっと記事を入力したりします。それ以外ではイートインのコンビニでコーヒーを買って少し記事を書いています。

まとめ

折りたたみ式のワイヤレスキーボード。折りたたみ時縦9センチ横14.5センチはポケットに入れて外出できるサイズ。ちょっとした外出時、ランチタイム中でも長文文字入力が簡単にできる。

当分の間、このワイヤレスキーボードにお世話になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です