スマホでタッチペン(スタイラスペン)絵も描ける、メモ代わりにもなります。

こんにちは。
タッチペン(スタイラスペン)を購入、使用して3ヶ月が過ぎました。最初はどんな感じかな、と思いましたが、これが想像以上に使いやすい。
今は操作も、たまにタッチペンで行ってます。

スタイラスペンを買った訳

スタイラスペンを買った理由は、大きく分けて2つ

①スマホをメモがわりにさっと書きたい

仕事でもプライベートでもとっさに内容をメモしたいと思う時が案外多いです。

手書きメモでさっと書いて、とりあえず記録しておきたい。(後からだと、ほぼ忘れてしまうため。)

基本、文字入力が得意ではありません。(フリッカー入力もあまり上達しません。)

②絵を書きたい


決して絵心があるわけではありません。

最初は長い電車通勤時に暇つぶしに、絵でも書こうかなと思ったのが動機。

ノートに普通に書いていたら、あきらかに周りに目立ってしまうし、ちょっと恥ずかしい、スマホなら絵を書いていても、そんなに目立たないかなと。
ちょっと上達したら子供と一緒に絵を書くのも楽しいかなと思いました。

4コマ漫画を描いてみる。

画力的にはかなり微妙ですが、いくつか書いるうちに面白くなってきて、無謀にも自分で描いた4コマ漫画をブログに載せてます。四コマ漫画。サラリーマンが主人公の創作マンガです。

自分でストーリーを作るのは、なかなか楽しいです。スタイラスペンを使い4コマ漫画を描いているのはもっばら電車での通勤途中。ブログに載せてるのも、すべて電車の中で描いたものです。(座れた時だげですが)

使用しているペイントアプリはアイビスペイント。操作が簡単で分かりやすい。感覚的に使えるので重宝してます。

とっさに思い浮かんだ事をメモできる。

道を歩いている時、移動途中(車や電車の中)などに案が思い浮かぶことが多いです。

そんな時スタイラスペンを使って手書き入力でさっとメモしたりまたはアイビスペイントで直接ラフ的に描いたりしてます。
図形でメモできるのがいいです。

仕事でも重宝しますよ。外出先で電話が鳴って、内容をメモしたい時はめっちゃ助かります。

昔は電話の内容を、あわててカバンから紙とボールペンを出してメモしてました。ノートを出す時カバンをひっくり返した事もありましたよ(¯―¯٥)

カバンの中身を外にばらまくという恥ずかしい状態に。

う‐ま
片手が携帯持ってて、ふさがってるもんねー

私は持っていないんですが、タブレットのほうがもっと使いやすいように思います。立っている状態で手に持っての文字入力はちょっと難しいですよね。

タッチペンは種類もたくさんあって、いろんな商品がでています。

値段も100円ぐらいから何万円と高価なものまで、さまざまですが私の予算は1000円前後。

ネット等でいろいろ探して買ったのが
iPhone、iPad、Android、タブレット対応の、こちらのスタイラスタッチペン
最初から2個セットになってました。
部品もスペアが付いていて、お得感があります。

ペンの見た目も仕事でも問題なし。

上下部分の先端が2箇所使えます。キャップをはずすと、ちょっと変わった形の先端。皿のようになってます。

最初これでどのように書くのかな?と思いましたが、そのままスマホの画面につけてか描きます。

スタイラスペンの皿と本体の設置部分が関節のようになっていて、なめらかに動きます。細かい部分が繊細に描けます。

キャップにクリップがついているので、ポケットにさしていても違和感も無く良い感じです。現在まで使用していて問題なく使えてます。

漫画以外の(レビュー、お出かけ等)テーマのブログは、こちらの折りたたみ式のワイヤレスキーボードを使って書いています。

これもめっちゃ便利ですよ!

スマホへ文字入力が簡単、持ち運びが便利なワイヤレスキーボード。

2018.06.07

使っているスタイラスペンをご紹介しました。
とてもおすすめです。

今後もスタイラスペンを使って4コマ漫画を描いていくつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です